トリノFC情報局

セリエAの古豪・トリノFCの情報を掲載しています。コメントなどはお気軽にどうぞ

18/19シーズン トリノFC選手紹介と移籍市場まとめ 〜MF・FW編〜

f:id:sft1995:20180906011828j:image

 

アンカー・センターハーフ

 

マッツァーリ3-5-2という新たな布陣に取り組み始めたことで、選手の入れ替わりが激しくなったセクション。イマイチ定位置を掴めないでいたヴァルディフィオーリアックアオビがそれぞれSPALエンポリキエーヴォ移籍の道を選んだものの、ラ・リーガでさらなる成長を遂げたルキッチのローンバックに加え、ソリアーノメイテが加入。昨季は不動のレギュラーだったバゼッリリンコンでさえベンチ行きの可能性があることからも、戦力アップは明らかだろう。

 

#6 ロベルト・ソリアーノ

f:id:sft1995:20180906013240j:image

 

1991年2月8日生まれ

イタリア・ドイツ国

イタリア代表

 

質と量を兼備するセンターハーフ。移籍市場最終日にビジャレアルから獲得した。運動量が豊富で攻守に渡る貢献が期待でき、また足元のテクニックも非常に高く得点力、チャンスメイク力にも優れている。彼にとっては久しぶりのセリエAマッツァーリの下で定位置確保なるか?

 

#7 サシャ・ルキッチ

f:id:sft1995:20180906085732j:image

 

1996年8月13日生まれ

セルビア国籍

セルビア代表

 

昨季はレバンテにローン移籍していたセルビア人ゲームメイカー。展開力と豊富な運動量を持っており、アンカーとセンターハーフどちらも高いレベルでこなすことができる。当初今季のレギュラー候補だったが、今のところ新加入のメイテソリアーノに遅れを取っており、ここから巻き返せるか。

 

#8 ダニエレ・バゼッリ

f:id:sft1995:20180906090517j:image

 

1992年3月12日生まれ

イタリア国籍

イタリア代表

 

マッツァーリも「トリノハムシクに」と期待する中盤のオーガナイザー。今年ついにアッズーリデビューを果たした。優れた戦術眼を持ち、中盤でバランスを取れる。元々持っていた展開力と推進力に加え、ここ数年で守備力が格段に向上しており、スペースのケアに加え対人守備も強い黒子役に徹することができる献身性も大きな魅力だ。

 

#23 スアリオ・メイテ

f:id:sft1995:20180906091715j:image

 

1994年5月17日生まれ

フランス・コートジボワール国籍

 

モナコから獲得した万能型センターハーフ強靭なフィジカルと繊細なテクニックを併せ持つセリエA初挑戦ながらトリノでは既にマッツァーリの信頼を獲得し、定位置を確保している。長い手足を駆使した守備やボールキープは非常に安定感があり、まだ24歳ということを考えると今後の成長が非常に楽しみな逸材だ。

 

#88 トマス・リンコン

f:id:sft1995:20180906092607j:image

 

1988年1月13日生まれ

ベネズエラ国籍

ベネズエラ代表

 

ベネズエラ代表でキャプテンを務める”将軍"。上背はないが、厚い胸板からも分かるように鋼のようなフィジカルを持っている。展開力やパス精度は決して高くないが、バイタルエリアに侵入してくる相手をきっちり潰すことのできる守備力は、トリノの中盤では最強だろう。機を見た攻撃参加も得意で、チャンスがあればゴールにも迫る。

 

 

セカンドトップセンターフォワード

 

主将のベロッティ、昨季チーム内得点王のファルケを軸に、補強の目玉であるザザ、若手のエデラダマシュカンらが名を連ねる。戦力外のニアン、ベンチに降格したリャイッチらが移籍したものの、中盤のソリアーノバゼッリもストライカーの後ろでプレー可能なためほぼダメージはないだろう。ヨーロッパリーグ出場権獲得へ向けFW陣にはゴール量産を期待したい

 

#9 アンドレア・ベロッティ

f:id:sft1995:20180906094140j:image

 

1993年12月20日生まれ

イタリア国籍

イタリア代表

 

言わずと知れたトリノのキャプテン兼エースストライカ。シュート精度・威力ともに質が高く、ペナルティエリア内での勝負強さは特筆すべきものがある。献身的な守備も特徴で、ひたすらボールホルダーを追っかけ回す。昨季は不調に陥り10ゴールに終わったが、今季は開幕からコンディションも良く、活躍が期待できそうだ

 

#11 シモーネ・ザザ

f:id:sft1995:20180906095536j:image

 

1991年6月25日生まれ

イタリア国籍

イタリア代表

 

移籍市場最終日にバレンシアから加入した左利きのストライカー。「欧州を知る選手」として期待はかなり大きい。屈強なフィジカルとシュート技術が大きな武器。足元のスキルも高く、味方との連携で崩すプレーも得意だ。ベロッティとのイタリア代表コンビでトリノを欧州に連れて行けるか。

 

#14 イアゴ・ファルケ

f:id:sft1995:20180906101036j:image

 

1990年1月4日生まれ

スペイン国籍

 

トリノの攻撃陣を牽引する左利きのチャンスメイカー。昨季のチーム内得点王だ。今のトリノでいわゆる「ファンタジスタ」は彼がまさにそれだろう。その左足から繰り出されるパス、シュートは鬼のような精度を誇り、ドリブルでの仕掛けも見ていて非常にワクワクさせられる。攻撃的なポジションなら基本的にどこでもプレー可能なため、どんな布陣にも柔軟に対応可能。

 

#19 ヴィタリエ・ダマシュカン

f:id:sft1995:20180906102156j:image

 

1999年1月14日生まれ

モルドヴァルーマニア国籍

モルドヴァ代表

 

19歳ながらモルドヴァ代表11キャップを刻む若手ストライカー。フィジカル的にはまだ未熟だが、決定力とゴールへの嗅覚は将来性を感じる。当面はトップチームとプリマヴェーラを行き来することになりそうだが、ベロッティザザといった先輩たちから多くを学び成長して欲しいところだ。

 

#20 シモーネ・エデラ

f:id:sft1995:20180906103419j:image

 

1997年1月9日生まれ

イタリア国籍

U-21イタリア代表

 

トリノプリマヴェーラが生んだ左利きのドリブラー。”チェルチ二世"との呼び声の高い選手だ。周囲との連携には改善の余地ありだが、スピード溢れる仕掛けと積極果敢な姿勢は既に一定の評価を得ている。盛んな闘争心も魅力だが、若さゆえ時々ラフプレーを犯す癖も。

 

移籍市場の動きまとめ(MF・FW)

 

IN

ミッドフィールダー

ロベルト・ソリアーノビジャレアル(買取OP付ローン)

サシャ・ルキッチ ← レバンテ(ローンバック)

スアリオ・メイテ ← モナコ(完全移籍)

 

フォワード

シモーネ・ザザ ← バレンシア(買取義務付ローン)

ヴィタリエ・ダマシュカン ← シェリフ・ティラスポル(完全移籍)

 

OUT

ミッドフィールダー

ミルコ・ヴァルディフィオーリ → SPAL(完全移籍)

アフリイェ・アックア → エンポリ(完全移籍)

ジョエル・オビキエーヴォ(完全移籍)

 

フォワード

アデム・リャイッチ → ベシクタシュ(買取義務付ローン)

エムバイェ・ニアン → レンヌ(買取OP付ローン)

ルーカス・ボジェ → AEKアテネ(買取OP付ローン)

 

 

 

GK・DF編も見てね!

 

18/19シーズン トリノFC選手紹介と移籍市場まとめ 〜GK・DF編〜 - Giappone Granata