トリノFC情報局

セリエAの古豪・トリノFCの情報を掲載しています。コメントなどはお気軽にどうぞ

18/19シーズン トリノFC選手紹介と移籍市場まとめ 〜GK・DF編〜

f:id:sft1995:20180905081748j:image

 

 

ゴールキーパー

このセクションはなんといってもシリグの残留が非常に大きい。シリグは今夏ナポリ移籍がまことしやかに囁かれたものの、トリノとの契約を2022年まで延長し残留。彼が今季もトーロのゴールマウスを守ってくれることを考えると、頼もしい限りである。

 

 

#1 サルヴァドール・イチャーソ

f:id:sft1995:20180905085436j:image

 

1992年1月26日生まれ

ウルグアイ・イタリア国籍

 

在籍4年目を数えるウルグアイ人GK。パデッリハート、そしてシリグと名手たちの陰に隠れ出番は限られてきたが、アンダー世代のウルグアイ代表に選ばれたこともある実力者。今季はコッパ・イタリアなどで出番があるかも?

 

#25 アントニオ・ロザーティ

f:id:sft1995:20180905090236j:image

 

1983年6月26日生まれ

イタリア国籍

 

ペルージャより加入したベテランGK。第3GKとしての位置付けが予想される。マッツァーリとはナポリ時代ともに仕事をした経験があり、その繋がりでトリノ加入が実現した。セリエAでのプレー経験も豊富に持っているため、頼もしい控えとなってくれるだろう。

 

#39 サルヴァトーレ・シリグ

f:id:sft1995:20180905091205j:image

 

1987年1月12日生まれ

イタリア国籍

イタリア代表

 

昨季よりトリノの正GKを務める守護神。驚異的な反射神経を持ち、見ているこっちが笑ってしまうほどスーパーセーブを連発する。足元の技術は弱点だが、それを補って余りあるセービング能力を持っており、チームメイトからの信頼も非常に厚い。

 

 

 

センターバック

DF陣も昨季のレギュラーからはブルディッソが契約満了で退団したのみ。後釜にはイッツォを獲得した上、ブレーメルジジトリノの一員となった。ボニファーツィSPALへとローン修行に出向いたが、選手層は昨季より厚くなったと言える。

 

#3 リャンコ・ヴォイノヴィッチ

f:id:sft1995:20180905092240j:image

1997年2月1日生まれ

ブラジル・セルビア国籍

U-20ブラジル代表

 

昨季から所属する若手センターバックセルビアとブラジルの国籍を持っているため、U-19世代ではセルビア代表でプレーした経験も。若いながら完成されたフィジカルと高い足元のスキルを持つ。現在は昨季負った足首の負傷のリハビリ中。復帰は11月ごろになると言われている。

 

#5 アルマンド・イッツォ

f:id:sft1995:20180905092954j:image

 

1992年3月2日生まれ

イタリア国籍

 

ジェノアから獲得した実力派センターバックイタリア代表招集経験も持つ。一対一の守備が非常に強く、ボール奪取能力に優れている上、ビルドアップなどの攻撃参加も魅力。€800万+ボーナス€200万というやや高額な移籍金で加入したが、既にその価値を証明している。

 

#24 エミリアーノ・モレッティ

f:id:sft1995:20180905094355j:image

 

1981年6月11日生まれ

イタリア国籍

元イタリア代表

 

経験に裏打ちされた老獪な守備で相手の攻撃を跳ね返すベテラン。左足から繰り出されるクリーンなスライディングタックルと正確なパスで37歳となった今もレギュラーの座をキープしている。キャプテンシーもありアームバンドを巻くこともしばしば。

 

#30 コフィ・ジジ

f:id:sft1995:20180905095708j:image

 

1992年11月30日生まれ

コートジボワールフランス国籍

 

ナントから加入したコートジボワールセンターバックコートジボワール代表招集経験も持つ。移籍市場最終日に加入したため、いまだ公式戦デビューは飾れていないが実力に疑いはない。同じく昨季リーグアンからやって来たエンクルの再現を目指す。

 

#33 ニコラ・エンクル

f:id:sft1995:20180905100604j:image

 

1990年3月27日生まれ

カメルーン国籍

カメルーン代表

 

3バックの中央でプレーするトリノのディフェンスリーダー守備においてほぼ全ての能力を高水準で備えている。さらに、足元の技術の高い選手が揃うトリノ守備陣の中でも彼のスキルは群を抜いており、プレス回避、ビルドアップどちらも極上の安定感を誇る。筆者の意見ではトリノで今最も過小評価されている選手。

 

#36 グレイソン ・ブレーメル

f:id:sft1995:20180905101418j:image

 

1997年3月18日生まれ

ブラジル国籍

 

昨年リャンコを連れて来たペトラーキSDが新たに発掘したブラジル人センターバック。加入当初懐疑的な意見が多かったが、プレシーズンのリヴァプール戦で対峙したサディオ・マネを完封する活躍を見せ実力を証明した。インターセプトにかなり光るものがあり、マッツァーリの評価も高い。

 

#99 エリック・フェリーグラ

f:id:sft1995:20180905102114j:image

 

1999年2月7日生まれ

エクアドル・スペイン国籍

 

今季よりプリマヴェーラから昇格した超新星。今夏トリノローン修行に出そうと動いていたが、彼をトップチームで鍛えたいとマッツァーリがストップをかけたほどの逸材だ。まだ19歳だが、飛び級でのエクアドルA代表入りも噂されている。

 

 

 

ウイングバック

ウイングバックモリナーロバレーカの2名が退団。今季はアンサルディベレンゲルデ・シルヴェストリの3名に加え、ベネヴェントよりローンバックしたパリジーチェルシーから獲得したアイナの5人で回すことになるだろう。

 

#15 クリスティアン・アンサルディ

f:id:sft1995:20180905103216j:image

 

1986年9月20日生まれ

アルゼンチン・イタリア国籍

アルゼンチン代表

 

ロシアワールドカップにも招集されたアルゼンチン代表サイドバック両足を遜色なく使いこなすテクニシャンで、スラロームのように敵の間をすり抜けていくドリブルが持ち味だ。しかし第2節インテル戦で膝を負傷し1ヶ月半の離脱が決定。トリノとしてはかなりの痛手となった。

 

#21 アレハンドロ・ベレンゲル

f:id:sft1995:20180905103814j:image

 

1995年7月4日生まれ

スペイン国籍

 

ウイングバックからセカンドトップまでこなすユーティリティプレイヤー。守備にも献身的に関与する上、調子が良い時のドリブルは非常にキレがあるが、パフォーマンスにムラがあり定位置を確保できていない。今季こそは一皮向けたアレックスが見たいところだ。

 

#27 ヴィットーリオ・パリジー

f:id:sft1995:20180905104433j:image

 

1996年3月25日生まれ

イタリア国籍

U-21イタリア代表

 

トリノ生え抜きのサイドアタッカー。昨季に引き続きローンでの放出が有力と見られていたが、プレシーズンで試されたウイングバック起用に応え残留を勝ち取った。序列では最下位スタートとなるが、アンサルディの負傷やベレンゲルの不調は彼にとってはチャンス。この好機を活かせるか。

 

#29 ロレンツォ・デ・シルヴェストリ

f:id:sft1995:20180905110634j:image

 

1988年5月23日生まれ

イタリア国籍

イタリア代表

 

ウイングバックを主戦場とするプレイヤー。足元のテクニックは凡庸でポゼッションに貢献できるタイプではないが、フィジカルが非常に強く、空中戦はほぼ無敵。さらに得点力も持っておりなぜかシュート技術が高いサイドバックよりはウイングバックで真価を発揮するタイプだ。愛称は「ロッロ」。

 

#34 オラ・アイナ

f:id:sft1995:20180905105116j:image

 

1996年10月8日生まれ

ナイジェリア・イングランド国籍

ナイジェリア代表

 

チェルシーのアカデミーで育ったサイドバックで、左右どちらも高いレベルでこなす。プレミアリーグ出身らしく強靭なフィジカルと繊細なテクニックを持ち合わせているセリエA初挑戦ながら、アンサルディの代役として既に及第点以上のパフォーマンスを披露しており、マッツァーリも記者会見で絶賛した。チェルシーが設定した€1000万という買取オプションの額も頷ける選手だ。

 

 

移籍市場の動きまとめ(GK・DF)

 

IN

ゴールキーパー

アントニオ・ロザーティ ← ペルージャ(完全移籍)

 

センターバック

アルマンド・イッツォ ← ジェノア(完全移籍)

コフィ・ジジ ← ナント(買取OP付ローン)

グレイソン・ブレーメル ← アトレチコ・ミネイロ(完全移籍)

 

ウイングバック

ヴィットーリオ・パリジーニ ← ベネヴェント(ローンバック)

オラ・アイナ ← チェルシー(買取OP付ローン)

 

OUT

ゴールキーパー

ヴァンヤ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ → SPAL(ローン)

 

センターバック

ケヴィン・ボニファーツィ → SPAL (ローン)

ニコラス・ブルディッソ → 退団

 

ウイングバック

クリスティアン・モリナーロフロジノーネ (完全移籍)

アントニオ・バレーカ → モナコ(完全移籍)

 

 

次回はMF・FW編!

 

お楽しみに!