トリノFC情報局

セリエAの古豪・トリノFCの情報を掲載しています。コメントなどはお気軽にどうぞ

トリノ、EL出場へ向け中盤を改革?

f:id:sft1995:20180503082729j:image

 

来季、EL出場権獲得を目指すトリノは、既にメルカートに目を向けている。夏のメルカートでの戦力アップへ何か変革があるとすれば、トーマス・リンコンとダニエレ・バゼッリがレギュラーを務める中盤の選手の入れ替えだ。

 

完全に構想外となっているミルコ・ヴァルディフィオーリは間違いなくクラブと袂を別つ事になるだろう。彼は先日セリエA昇格を決めた古巣エンポリへの復帰が囁かれており、トリノとの契約も残り1年となっているため、売却の線が濃厚だ。彼の代理人も「トリノでの冒険は終わった」と語っており、退団はほぼ確実。

 

f:id:sft1995:20180503112623j:image

 

アフリイェ・アックアも引越しのため荷造りをする必要があるかもしれない。アックアは昨年バーミンガムへの移籍が決まりかけていたが、前指揮官ミハイロヴィッチがストップを掛け残留している。しかし今季マッツァーリの下で彼もベンチが定位置となっているため、新天地を求める可能性は高いと言えそうだ。

 

今季良いパフォーマンスを披露しているが負傷離脱が多くレギュラーの座を掴み切れていないジョエル・オビは、残留と移籍の可能性が半々といったところか。しかしクラブは適切なオファーが届けば売却に踏み切ると見られる。