トリノFC情報局

セリエAの古豪・トリノFCの情報を掲載しています。コメントなどはお気軽にどうぞ

【最初の補強は誰に?】最近のトリノFCまとめ

 

先週行われたヨーロッパリーグ予選2回戦デブレツェニ戦1stレグを3-0と危なげなく勝利したトーロ。予選突破へ向け大きな一歩を踏み出したと言って差し支えないだろう。昨季は期待外れに終わっていたザザにも今季初の公式戦でゴールが生まれるなど、ポジティブな要素も含んだ白星だった。

 

f:id:sft1995:20190730140452j:image

しかし後半、相手選手のやや悪質なタックルを受けたファルケが負傷交代。検査の結果、骨折は免れたものの足首の靭帯を損傷していることが判明してしまった。復帰には2週間から1ヶ月を要すると見られており、セリエA開幕戦にも間に合わない可能性がある。当然ながら今週のデブレツェニ戦2ndレグも欠場が確定した。

 

ピッチに立つことができないのはファルケだけではない。リャンコもそうだ。ボルミオ合宿での負傷がまだ完治しておらず、未だに起用は難しいらしい。以前から思っていたが、リャンコ怪我多くね?彼には近い将来のトーロでディフェンスリーダーを担ってもらわなければならないので、スペ体質になってもらっては困る。背番号10と未来のディフェンスリーダー。2人とも無理せずしっかりと治して欲しいところだ。

 

f:id:sft1995:20190730142216j:image

ファルケとリャンコの欠場が確定しているデブレツェニ戦2ndレグ。現地メディアは3-4-1-2の採用を予想しており、トレクァルティスタにはベレンゲルもしくはルキッチの起用が有力だ。この場合主将ベロッティとザザがツートップを組む。展開次第ではプリマヴェーラ卒業生のミリコシンゴの投入も期待したいが、まずはしっかりと3回戦進出を決めたい。

 

3回戦に進出した場合の対戦相手は、シャフティオール・ソリゴルスク(ベラルーシ)対エスビャウ(デンマーク)の勝者。なお、1stレグはシャフティオールが2-0と先勝している。

 

f:id:sft1995:20190730143908j:image

EL予選に追われ、セリエA全20チーム中唯一補強が一つも決まっていないトリノだが、ファルケの負傷は新加入選手の到着を早める可能性がある。トリノはメインターゲットとしてここ1ヶ月追い続けてきたヴェルディへのオファーを増額する用意があるらしく、デブレツェニ戦終了後本格的に動き出すようだ。

 

f:id:sft1995:20190730145452j:image

仮にヴェルディ獲得に失敗した場合の代替案として名前が挙がっているのはデ・パウル(ウディネーゼ)、ポリターノ(インテル)、リゴーニ(ゼニト)、そしてカマノ(ボルドー)。しかしカイロは「我々が狙っているのは右足が得意な選手だ」と語っており、ポリターノは候補から外れた。デ・パウルウディネーゼの要求額が€3500万と高く、カマノは競合相手が多い。ヴェルディの代替案として最も現実的なのはリゴーニだろう。2年前のアンサルディに始まり、今年のヴェルディ、リゴーニ。トリノは青いチームから両足を器用に扱える選手を連れて来るのが好きらしい。違うか。

 

f:id:sft1995:20190730150032j:image

もう一つの動きは第2キーパー探し。イチャーソが契約満了で退団しシリグロザーティの2名のみとなっているこのセクションには、セリエBから新戦力がやって来るかもしれない。名前はアルベルト・パレアーリチッタデッラで守護神を務める26歳のゴールキーパーである。

 

ミランプリマヴェーラ出身のパレアーリは昨季チッタデッラで本格的にブレイク。昨季のセリエBベストイレブンにも選出されている。本人もステップアップを望んでいると言われており、彼のInstagramをチェックしたところなんと「トーロに来て!」や「トリノで君を待ってるよ!」といったトリニスタたちからのコメントにいいね!を連発していた。めっちゃ来たがるやん。チッタデッラとの合意は得られていないものの、本人との合意を取り付ければ獲得は難しくないだろう。

 

代替案はヴィヴィアーノ(スポルティング)。彼もメディアを通してトリノ移籍を希望するコメントを出しており、スポルティングに€100万を支払えば獲得が可能らしい。あくまでトリノにとっての第一候補はより若いパレアーリだが、経験豊富なヴィヴィアーノを迎え入れるのも悪くないアイデアだ。

 

 

トリノデブレツェニ戦やらヴェルディやらで大忙し。予選3回戦進出を決めた場合何かしらの補強はあるはずなので期待して見ていきたい。

 

あ、そういえば昨日スペインのメディアから「マラガとの交渉が破談しそうな岡崎慎司トリノと契約する可能性がある」というニュースが出ていたが、イタリア方面では今のところ噂はゼロ。残念ながら、あまり信憑性は高くないだろう。めっちゃ来て欲しいけどな。