トリノFC情報局

セリエAの古豪・トリノFCの情報を掲載しています。コメントなどはお気軽にどうぞ

必要なのは屋根だけ!

f:id:sft1995:20190518172221j:image

 

リーグ屈指の堅守を3バックの中央から支えるトーロのディフェンスリーダー、ニコラ・エンクル。そのリーダーシップはディフェンスのみならず、ファッションの分野にまで及んでいる。ロッカールームでは6歳も年下のオラ・アイナに毎日毎日ファッションをInstagramのストーリーに投稿され(上の写真はヴィットーリオ・パリジー撮影)、これでもかとイジり倒される彼だが、それはチームメイトに愛されている何よりの証拠だ。

 

その実力、キャラクターでティフォージも絶対的な信頼を寄せるエンクル。ほぼ民族衣装のような服装で練習に現れたある日、アイナから付けられたあだ名は「アフリカの王様」。欧州に向け負けられないエンポリ戦を前にして、カメルーンの王様はCorriere della seraのインタビューに応えた。

 

メルカート?僕はここに残りたい」

 

ロッカールームではチームメイトからMousé(ムスエ)と呼ばれ親しまれているエンクル。ストーリーでも確認できる通りトーロの選手たちは彼のことをそう呼んでいるが、筆者もその由来は知らなかった。「あー、これ実はアフリイェ・アックアのせいなんだよ(笑)」エンクルは語る。

 

「アックアはMonsieur(ムッシュ。フランス語で閣下みたいなニュアンス)って言いたかったみたいだけど、彼の母国語は英語だ。発音がちょっと違ってて面白かったから、彼の発音を真似てムスエって呼ばれるようになったんだ(笑)」

 

前述の通りエンクルのファッションを毎日ストーリーに投稿するアイナも、「ムスエ〜wwwwww」といつもしつこく絡んでいるため、筆者も由来が気になっていたところだった。あっくんのせいだったのか。明日は“ムスエ”の名付け親であるアックア所属のエンポリとの対戦だ。欧州行きへ向け負けられない戦いを前にして、ムスエは夏のメルカートについても語ってくれた。

 

メルカート?僕はここで幸せだ。まだまだトーロと共に走り続けたい。いかなる移籍の噂にも耳を傾けるつもりはないよ」

 

「昨年の僕らは歩き始めたばかりの子供のようだった。けど今は違う。全員でここに家を築いたんだ。あと必要なのは屋根だけさ

 

ファッションリーダー・ムスエ。言い回しもオシャレである。

 

f:id:sft1995:20190518175930j:image

 

「僕の父はビエルサマッツァーリだ」

 

エンクルはここまでのキャリア、家族についてもコメントを残している。

 

「僕の父はもうこの世にいないんだ。スペルガでグランデトリノの慰霊碑に刻まれた名前を読んだ時、父のことも思い出したよ。サッカーにおいての父親?マルセロ・ビエルサだ。もちろんワルテル・マッツァーリもだよ。ビエルサは僕の100%を引き出す方法をよく知っていた。彼にはとても感謝しているよ。サッカーをよく知っている戦術家だと思う。ビエルサマッツァーリだけでなく、僕を指導してくれた全ての監督たちに常に感謝の気持ちを持っている」

 

その試みは失敗に終わったが、アックアが彼をムッシュと呼びたくなる気持ちも理解できる。周囲に感謝の気持ちを忘れないムスエ。さすがアフリカの王様だ。これからもそのリーダーシップでトーロ王国を統率してくれ!ムスエ!