トリノFC情報局

セリエAの古豪・トリノFCの情報を掲載しています。コメントなどはお気軽にどうぞ

エミリアーノ・モレッティが記者会見に出席

f:id:sft1995:20180708013140j:image

 

本日、新ユニフォーム発表会を前にしてDFエミリアーノ・モレッティが記者会見に出席し今季の意気込みを語ってくれた。

 

「まずは僕との契約を延長してくれたこと、もう1年トリノのユニフォームを着てプレーできることに感謝しなければならないね。数年前から“今季が最後になるだろう”と言い続けてきたけど、嬉しいことにまだこの仕事を続けられている。これでトリノは僕にとって一番長い年数を過ごしたクラブになったよ」

 

ー今年が最後になるのか?

 

「そうなるかもしれない。実は去年もそう言ったんだけどね(笑) だけど、これが最後になるかもしれないという思いを持ちながら新しいシーズンをスタートさせるつもりだ。僕は海外でプレーする経験を得ることもできたね。そこでは異なる言語や文化を理解し、様々なバックグラウンドを持つ若者たちに出会えたよ。とにかく、カイロ会長やペトラーキSD、僕ら選手たちのために働いてくれる人々全員に感謝したい」

 

クリスティアーノ・ロナウドについて

 

「何年もの間彼のような選手はイタリアにはいなかったし、来るとなれば素晴らしいことだと思うよ。ロナウド到着でユヴェントスと他チームとの差が開く?チームは名前だけで構成されているものじゃない。ネームバリューは勝利に直結するものではないよ。とにかく、僕たちはロナウドが来ようが来なかろうが、トーロのことだけを考える必要がある」

 

ー昨シーズンについて

 

「昨季、僕らはマッツァーリの下で新しい戦術に取り組みはじめた。昨季の積み重ねが既にチームに備わっているというのはかなり大きいことだと思うよ。ボルミオでのトレーニングで身体的だけでなくメンタル面も準備を重ねていきたいね。昨季の後悔?自分たちの力があそこまでだったということだよ。昨季を糧に新シーズンを戦うつもりさ。サッカーに簡単なことなど一つもない。W杯がそれを証明しているね」

 

ー個人的な目標について

 

「モチベーションは高いよ。個人的な目標は、なるべくたくさん使ってもらうことだ。どれだけプレーできるかはわからない。それは監督が決めることだね。もう一つの目標は若手を助けること。僕の経験を少しでも若い選手たちに分け与えられたらと思っている」

 

「何も宣言はしたくない。試合から試合へ。これだけだよ。このチームに自信を持っている。ハードワークすることで色んな可能性を広げていくつもりだ」

 

f:id:sft1995:20180708022759j:image

 

モレッティの記者会見後は18/19シーズンの新ユニフォーム発表会。サプライヤーは昨季と変わらずKappaで、掲示されるスポンサーもメインスポンサーのSUZUKIをはじめFratelli Beretta、Sport Pesaと変更はなし。デザインはクラブカラーのエンジベースに、シンボルの牛とトライアングルの透かしが無数に入るモダンなものとなっている。このユニフォームを着用し、チーム最年長選手として戦うモレッティの姿が今から楽しみだ。