トリノFC情報局

セリエAの古豪・トリノFCの情報を掲載しています。コメントなどはお気軽にどうぞ

EL圏内浮上へ、同勝ち点のライバルと直接対決。アタランタ戦プレビュー

f:id:sft1995:20171201222138j:image

 

 セリエA第15節アタランタ戦を明後日に控え、スタディオ・オリンピコ・グランデ・トリノシニシャ・ミハイロヴィッチが記者会見に臨んだ。

 

「リャンコはトーロの未来を背負う男だ。だがまだ100%の状態ではない。ブルディッソは流石だね。とても素晴らしい仕事をしている。彼らは2人とも信頼できるプレーヤーだよ。アタランタはメンバーが少し変わったが、セリエA、ELの両コンペティションにて良いシーズンを過ごしている。非常に難しいゲームになるだろう」

 

「明日は昨季のホーム戦でのようなスピリットを見たいと思っている。オリンピコは常に我々の砦でなければならない。ニアン?彼は少し怪我を負ってしまった。深刻なものではないが、昨日は走る事が出来なかった。今日の状態を見てみよう」

 

「我々はしっかりと準備を重ねてきた。全ては我々の魂と姿勢次第だね。順位を上げるためにも、勝利が必要だ。EL圏争いは非常に混沌としている。直接対決がとても重要だと言えるだろう」

 

「バレーカ?彼はまだ起用出来ない。サイドバックにはデシルヴェストリ、モリナーロ、そしてアンサルディがいるから問題はないよ」

 

ブルディッソのおかげで、我々の守備は自信と勇気を得ている。センターバックキャプテンシーのある選手でなければならない。若手は彼のような選手とプレーする事で成長し、より多くの事を学ぶんだ」

 

「リャイッチとベロッティ?明日、彼らには多くの事を期待したい。ゴールはストライカーの基本的な仕事だ。カルピ戦でベロッティにゴールが戻ってきたのは非常に大きな事だね」

 

f:id:sft1995:20171201225716j:image

 

 

 

予想スタメン(Gazzetta)

 

f:id:sft1995:20171201225923j:image

 

 

 

勝ち点で並ぶ10位アタランタをホームに迎える一戦。対戦相手のアタランタは今季、ELでも決勝トーナメント進出を決め、ハードスケジュールながらカンピオナートでもトップハーフを維持するなど見事な戦いぶりを見せている。名将ガスペリーニの率いるチームは非常にソリッドで組織されており、かなりの大敵と言えるだろう。しかし会場はホーム、オリンピコ。情けない試合は許されない。前節ミラン戦で何も出来ずに終わったリャイッチやベロッティのコンディションが気になるところだが、コッパ・イタリアのカルピ戦でようやくゴールを取り戻したカピターノに明後日も期待したい。勝てば他チームの結果次第で7位浮上もあり得るだけに、勝ち点3を狙いに行く戦いを見たいところだ。

 

Sempre Forza Toro